クライアントの募集

ライター募集を出している人、雇い主をクライアントといいますが、クライアントがライター募集を出している場合、そのクライアントと仕事をすることになったら、今後の仕事はこのクライアントからもらうことになります。

その場合は自分のペースで仕事をすることができるとはいえ、クライアントには納期がありますし、ある程度作業してもらいたいと思っている量がありますので、その量をその納期内で収めなければいけないので、ライターの仕事ができる日があったり、できない日があったりしても、きちんと納品できるようペース配分や時間配分を考えなければいけません。
クライアントを持たずに、サイト内で募集されている案件に直接応募して受けてその場で作業をするという仕事のスタイルもありますが、この場合は納期や量も自分のペースに合わせることができます。
しかしクライアントがいて、クライアントから仕事をもらっているという場合には融通があまり利きませんので注意しましょう。
仕事を請けたけれど本業が忙しくなって思ったよりも作業する時間がなかったという場合でも、納期になってできていませんでは通用しません。
請けた仕事は必ず納期までにすべてやらなければいけませんので注意しましょう。

Similar Posts:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2016 最近注目されているウェブライターとは?誰でもできる仕事を特集! All Rights Reserved.