サイト上で募集

ライター募集のスタイルはさまざまで、一度クライアントがライター募集をしてから採用テストのようなものが簡単にあり、その上で採用されたら契約をして、そこから仕事を請けるというスタイルと、仕事をすることができるライターが、募集サイトへ行って、サイト上で募集されている案件をその場で受けて、そして納品するというクライアントを介さない仕事のスタイルもあります。

こちらはどちらかといえば、クライアントがいない分、自分のペースで仕事を進めることができるというメリットがあります。
なぜならクライアントからこれだけの量をこの納期までに納めるようにと言われているわけではありませんから、自分が作業できるときだけそのサイトへ行って仕事を請ければいいので、本業が忙しいときは仕事をしなくてもいいわけです。
クライアントがいると請けてしまったけれど作業できずに困ったというトラブルもありますが、このタイプは自分が受けることができるときだけ作業をすることになりますので、納期に間に合うかどうかわからないといったトラブルはないのです。
どちらのスタイルを選ぶのかは自分の本業や日々の生活のバランスを見て考えるといいでしょう。無理をしないことが重要です。

Similar Posts:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2016 最近注目されているウェブライターとは?誰でもできる仕事を特集! All Rights Reserved.